2012年11月08日

とりあえずオバマさん再選おめ

ま、大方の予想通りで。それでもオハイオ州とかヴァージニアとか、激戦区(Swing State)と言われる州では結構ぎりぎりまで支持率が接戦となり、端から見ていると面白かったね。

ともあれ過去4年の政策がそのまま続くということで、保守反動の恐れも無くゲーム業界としてはホッと一息じゃないかな。またLGBTコンテンツ規制強化、とか言われるとややこしい(笑)。

それで思い出したけど、ウィスコンシン州(ここも激戦州の一つ)で初の「ゲイであることを公言した」上院議員(Tammy Baldwin) が誕生したと、一昨日ニュースになっていた。もちろん民主党。

"I didn't run to make history," said Baldwin in her victory speech. "I ran to make a difference, a difference in the lives of families struggling to find work and pay the bills."

「歴史を作ろうと闘ったのではありません」とボールドウィンは勝利演説の中で語った。
「仕事を見つけ、請求書を支払うために苦闘する数多くの人々の生活に、違いを生み出すために闘いました」

まあ実際のところ、彼女の性的指向は一度も大きな論点にはならず、オバマ大統領が進めるところの医療保険改革や州の経済政策の方が遙かに大きかった、とロイターなんかにはある。
共和党が宣伝する小さい政府、公的支出カット(による経済立て直し)も結構だが、ちょっとやりすぎじゃ無いのか、と貧乏人(47%居るらしい)だけでなく、中流階級ですら考え出したということかも知れない。州によって違いはあれど、カリフォルニアでさえ公立学校は酷い有様だというからね。

posted by Laffy at 22:06 | Comment(0) | つぶやき

2012年11月05日

iPhone5を買って来たよ

第一印象。「軽っ!薄っ!」

IMG_4803

左がiPhone5、右がiPhone4(見たら判るって)。

iPhone4(SoftBank)が、ちょうど今月が2年契約の終了月だったので買ってしまった。
しかもSoftBank→AUという、なんのメリットも無い乗り換え。 これが例えばDoCoMoならウン万円のキャッシュバックとか、あるいはAU→SoftBankなら旧式iPhone下取りとかメリットがあるのだけれど、AUはなーんも無し。

別にSoftBankにそれほど不満があったわけではない。大阪はSoftBankでも普通に繋がるしね。 ただ、「電波あります詐欺」とでも言うか、しっかりアンテナは立っているのにネットに繋げないという事が頻繁に起きて、ちょっと嫌気が差していたというのはある。こうなると一度機内モードに切り替えて、もう一度電波を掴み直してやらないと全然駄目。
今のところ、この問題はAUでは起きていないようだ。

それにしても端末料金が7万1千円、AppleCareが8800円かあ。高いなあー。使用頻度から考えれば、まあ納得出来る額ではあるけれど。

今回は珍しくアップルストアでも某ヨドバシでもなく、カメラのキタムラで買った。理由は特になし。たまたまなんばCITY(南海難波駅の地下のショッピング街。近鉄大阪難波駅〜地下鉄御堂筋線なんば駅〜南海難波駅とだらだら〜と繋がる地下街の、一番南端)に行ったら店頭でAUの人が宣伝していて、何となく予約してしまって、入荷が昨日だった。
ヨドバシで買ってもポイントつかないし(付いたっけか?でもいつもの10%は付かなかったと思う)、どこで予約しても入荷日はほぼ同じと言うことだったしね。

AUのお姉さんがやたらと
「データの移行はご本人様でして頂く必要がございます、申し訳ありません」
と謝っていたのが印象的だった。普通はそうじゃないの?

まあiTunesに繋げば勝手に同期して、バックアップから全部新しいiPhoneにデータを移行してくれるので、なんも面倒な事は無い。家に持って帰って10分後には旧iPhoneの環境設定からアプリケーションから住所録から全部、そっくりそのまま移行完了。何も特別な作業をすることはなかった。プロバイダメールのパスワードを入力し直した位かな。

あ、そうか!他のガラケーやスマホからiPhoneに初めて乗り換えだと、ちょっと大変かも知れないね。だけどそれは、AUの人のせいでは無いと思う……。
アンドロイド携帯→アンドロイド携帯ならそれこそCSVファイル経由で読み込みとか出来そうだ。アンドロイド携帯→iPhoneだと、全部手入力なのかなあ?なんかツールありそうな気はする。

posted by Laffy at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年10月11日

キャラクターを殺すと言うこと

いえ、ゲーム内じゃ無くて。

何とかしてメリルっちを殺せないかとか、本当にフェンリスはQuestioning Beliefsを飛ばしたら死ぬのかとか考えていたりしますが、基本的に私はゲーム内でキャラクターを殺すことは滅多にありません。もったいないしな。

二次創作の小説でも"Characeter Death"とか警告のある分は滅多に読まなくなりました。
老齢だとかCallingだとか、あるいはそれこそ息子の恋人に精霊を譲って延期された死を迎えるとか、意味の有る死は別に構わんのですよ。だけど大体は、単純にドラマを作るためだけに殺してるから、そう言うのは遠慮したい。(いや好きな人はいるでしょうけど)

銀英伝の二次創作小説で、随分と面白い長編があってここ数ヶ月ずっと追いかけていたののがありましたが、最近の更新でいきなりサブキャラ――といってもあの小説、もの凄い数がいるけれど――が章冒頭で死亡。

えええーそんなんアリか。何故ここで殺すの?
と思っていたら、その次くらいの更新でいきなり別のサブキャラの子供(オリキャラ)が死亡。しかも、警告無し前兆無し、冒頭でいきなり。

いやそれは止めてくれよ。何のために殺すのよ。舞台から引っ込めたいというのは判るとしても、なら殺す必要無いじゃんか!

何しろチキンハートなもので(笑)、割とかなりぐっさり来て全部お気に入りも履歴からも消しましたw あれは無かったことにするw
あーあ。結構難しい政治絡みの話も上手く書いていて面白かったのに。二重に残念です。

海外の二次創作サイト(と言っても大手二つしか知りませんが)は、この辺割ときっちりと警告されているんですが、日本の場合は大手でさえ精々18禁だけですね。18禁と表示すればエロ関係以外でも何をしても良いという感じなのは、もうちょっと考えて欲しいけど……。

posted by Laffy at 21:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年10月05日

小説の各章タイトルを翻訳するとき

各章タイトルの翻訳は、結構毎回苦労する。まあ簡単なのも有るけど。

125章の英文タイトルは"Bloody miscalculating"。
Bloodyには文字通り「血まみれの」という意味と、罵り言葉(くそったれな、ひどい、など。例えば"Get out of my bloody way!"="そこを退きな!")の意味があって、このタイトルには両方掛かっているわけだ。

だから「血まみれの誤算」とやると後者の意味が消えてしまう。だけど「ひどい誤算」とするとブラッド・メイジに関する、という示唆が消えてしまう。ずーっと考えるうちに「忌まわしい」という単語がふと思い浮かんだので、「忌まわしい誤算」となった。

こういう英単語に二つの意味があって、両方を掛けた意味で使われている場合は凄く翻訳が難しい。
翻訳お手上げ!したせいでよく覚えているのが"stroke"。日本語でもストローク運動というように、「往復」という意味(何が往復するのかは、まあ色々と)の他に、「一撃、一突き」という意味もある。
ゼブランがこれを掛けた洒落をかましやがったお陰で、5時間悩んで結局お手上げ。 ”stroke”の対象物(えーと……)に関するジョークに変えた。おのれゼブランw

124章も原文のタイトルは"Unnecessary Cruelty"(不必要な残酷さ)。このままだとちょっと逐語訳過ぎる。何故不必要なのか、不要なのに何故残酷なのか…と考えて「嗜虐」、つまり残酷行為を楽しむ、となった。意訳だね。

意訳と言えば116章もひどいよ。自分でやっててなんだけど。
原文タイトルは"End of waiting"。待っていたものは誓約の解除で良いのだけど、さて日本語どうしようか。日本語の「待機」は動作性の名詞なので「待機の終わり」とすると如何にも据わりが悪い。待ち続けた後でついに、ということで「ついに」となったw。
こうなるともう原文の欠片もないw翻訳者やり放題。



さて、「ついに」アンダースが逃げだします。木の根っこを噛みしめながら。
フェンリスはよ来い(>_<)

posted by Laffy at 22:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年09月27日

[Dragon Age 2]同人小説"Eye of the Storm"第88-117章まで更新

私はどうも、物語にのめり込むと先へ進むのがもったいなくて読み進めなくなる傾向があります。銀英伝で9巻まで読んで外伝に戻るとか(笑)。

翻訳中の"Eye of The Storm"、88章から117章まで。いよいよ終わりの始まりが見えてきました。
第88章 密かに
第89章 旅の計画
第90章 憑依
第91章 魔術と狂気
第92章 安らぎ
第93章 優しい慰め
第94章 深い悲しみ
第95章 出発と帰還
第96章 更なる驚き
第97章 愛しき者
第98章 遠くからの噂
第99章 護るべきもの
第100章 二人の間で
第101章 晩餐会
第102章 海へ
第103章 ボディーガード
第104章 周回するもの
第105章 気がかりな知らせ
第106章 束の間の一時
第107章 到着
第108章 正装
第109章 新たなる教理
第110章 導きを求めて
第111章 警告
第112章 放棄
第113章 待機
第114章 二人の意図
第115章 ついに
第116章 満ち足りた気怠さ
第117章 信頼する友人

セバスチャンと、遠縁の従兄弟ゴレンとの大公位を巡る争いが一段落したとたん、エルシナの後任、新大司教オディールが登場。
大司教の聖堂をカークウォールから、メイジ・テンプラー抗争の最中に平穏を保っているスタークヘイブンに移そうとするばかりか、チャントリーが自らの勢力を拡大するためセバスチャンを利用しようとする企みが明らかになります。背後にはオーレイの影。信仰深き大公セバスチャン、またもや苦境に。

一方フェンリスとゼブランのカップルも大活躍。いやあ、楽しそうだなあ。 アンダースも幸せそうです。というか何、このいちゃいちゃぶりは。もっとやれー。

ま、幸せなのも今のうちだしな……。


ところでスタークヘイブンはDA2内での設定でも、一応フリー・マーチズ最大の都市となっています。ただし国土面積からすればフェラルデンよりは小さいみたいですね。

フェラルデンは中世イングランドをメタファーしている(だからホークは先進国フリー・マーチズでは田舎者扱いされて、アリスターは料理が下手で、オーレイ=フランスとずっと戦争している)のに対して、スタークヘイブンは明らかにスコットランドです。世界で一番赤髪の人が多い国らしい。

war_4895日本人にはピンと来ませんが、ヨーロッパでは赤毛(ginger hair)は一種差別というか、からかいの対象になるようですね。「赤毛のアン」もそうでした。

色白の肌に赤みを帯びた髪の毛、青い眼というのが典型的なスコットランド人のイメージだそうです。あちらのプレイヤーは、セバスチャンを見た瞬間にそう思うわけですね。訛りもスコティッシュなのだそうですが、ますます判りません(^^ゞ

肌の色といえば、フェンリスの肌色を示す表現として頻出する「オリーブ色の肌」。これについてはある絵描きさんから貴重な意見を頂きました。

「フェンリスの肌の色はオリーブ色じゃない」

Olive

確かに違いますw

あれはどうやら、英語を話す人々が初めて地中海近辺の、黒人ではないけど自分たちより肌の色が濃い人々と出会った時に、その肌の色を現すために作り出した表現のようです。あるいはオリーブを食べている連中のような肌の色、と言うことかも?
ですから実際には肌の色はオリーブ色じゃなくても、それで通じてしまう訳ですね。本来のオリーブの色を現すときにはわざわざオリーブ・グリーンと言ったりするようです。

posted by Laffy at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年09月11日

Dragon Ageの同人小説の話。

ずーっと別館の方でちまちま翻訳を続けている小説"Eye of the Storm"が、そろそろ終わりの始まりが見えてきた。まだ山場はこの後に幾つも控えていて気分は高揚しているのだけど、一方寂しいのも事実。あーもう終わるんだねえ、みたいな。続きを読む

posted by Laffy at 23:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年08月30日

暑い日にレモン水はいかが

まさしく「溶けちゃいそう」な凶悪な残暑が続きますが皆様お元気でしょうか。大阪は毎日33℃越えてます。もうヘロヘロですw
持病の腎臓結石(体質的な物で、条件が悪いとまた出来るらしい)予防のために、一日2L以上の水を飲めと医者から言われているのですが、なかなかねえ。紅茶をがぶ飲みすると飲んだ分以上に出て行く(失礼)様な気がするし……。

そこで登場したのが、先日コストコで買った大量のレモン。(チリ産)
一度チーズケーキで使った後は使い道の見あたらないまま、半分に切って冷凍してあったのですが、これを冷水筒にそのまま放り込んでみました。一晩冷蔵庫で冷やすと、あーら美味しいレモン水の出来上がり。
これはいいですね。砂糖も塩も何も無し。レモン本来の微かな香りと、僅かな酸っぱさ。レモネードというと砂糖か蜂蜜が無いと駄目なような気がするので、これはやっぱりレモン水ですね。朝起きてすぐコップ一杯、会社に水筒で持っていって、家に帰ってからもどんどん飲んで、軽く2Lは消費出来ます。
#防腐剤?イマザリル?なにそr(ry 
#いやカビの方がずううっっっと怖いので防腐剤アリいいです。判らない物の方が怖い。

それと、生のレモンでは駄目でした。全然香りが出ません。冷凍したレモンで作る方が美味しい。冷凍->解凍で細胞が壊れて、香りが出やすくなるせいでしょうか。溶けたレモンから果汁を搾るともっと美味しくなるかと思いましたが、これはあまり上手くなかったです。酸っぱくなっただけ。

ポカリスエットの粉末(一袋/1Lが標準濃度)をこのレモン水2Lに溶かすと、これはまたとても美味しい。ちなみに毎年夏になると大塚製薬さんが、熱中症予防セミナーと題して会社に講演にやってきます。出席するとSoyjoyとかポカリとかOS-1とか色々粗品を貰えるので人気高しw

会社で私の居る部署は技術部と研究部と分析部を足して割ったようなところで色々やるんですが、西日がじりじりと照りつけるあっっつい屋外での作業でヘロヘロになった後で、この薄ポカリレモン味を飲むと最高でございます。美味しすぎてあっという間に無くなるのが唯一の欠点ですね。

posted by Laffy at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年08月29日

EAはBioWareにまだ信を置いている(のかな)

最近の3つのゲーム(ME3、SW:ToR、DA2)への批判にもかかわらず、BioWareは未だにElectronic Artsからの全面的なサポートを受けているよ、という話


BioWareは現時点で非常にユニークな立場にある。一方では、最近のゲーム3本は疑いようもなくゲーム史上最も期待されたものであった。しかし一方、これらのゲーム、つまりDragon Age 2、Mass Effect 3、それにStar Wars: The Old Republicについては、最初の二本はそれらのファン層を真っ二つに分断した上に、三本目の課金ユーザー数はローンチ後半年で落ちてきたように見える。過去18ヶ月の上下動にもかかわらず、BioWareはその友人のバックアップを受けており、とりわけEAのCOO(最高執行責任者)であるペーター・ムーアはこのデベロッパーが達成出来る事柄において信を置いている。

「連中は上手くやっている」とムーアはユーロゲーマー(Eurogamer)に語った。
「例えばこの12-18ヶ月について言えば、SW:ToRとME3、それにそこから派生する事柄、ちょっと遡ってDragon Ageについて考えている。その点から見るなら、このスタジオは実に上手くやっていると思っている」

ムーアはこれらのゲームが直面したほとんどの問題は、作品その物とはほとんど関係無く、皆ゲームコミュニティの注目の引き方だと述べた。ME3は単独で二億ドルの売り上げを産みだし、ToRはEAの歴史上で最もプレオーダーを受けたゲームだった。これらが直面した問題点のほとんど全部が、ゲーム中の特定の要素に対する受け取られ方に関わっていて、これらをムーアとBioWareは将来においてより良いゲームを開発するために利用することが出来る。
「エンターテイメント界においてゲーマーほど情熱とでかいメガホンを持つ者は居ない」とムーアはME3のエンディングに触れて語った。
「だからBioWareのチームは、彼らの信用に賭けて言うが、上手くやっていて、今現在ではいくつかのことを止めて、そこのチームにちょっと後戻りして幾つかDLCを出させようとしている、無料でね(no charge)、そこで起きていることの背景をもう少し判りやすくするための」

危なっかしい立ち上がりをした後でファンの期待に応えるべく改変しようとしているBioWareのゲームはMEだけでは無い。開発チームは既にプレイヤーからのフィードバックをDA3の開発に生かそうとしており、ToRも当初の登録者数の落ち込みを回復するためにF2Pとなる予定である。
「こぼれたミルクを嘆いても仕方がない」(覆水盆に返らず)とムーアは続ける。「既にToRをハイブリッド課金モデルに改変しようとしている……消費者からのフィードバックに答えようとしているだけだ」


私はどちらかというと「ユーザーの声なんか聞くな」説信奉者ですからw
まあバグフィクスとかは良いですよ、それは聞いて貰わないと困ります。どっちかというと後ろ向きの仕事だけど。それに「諸般の事情」で本篇に入れられなかった物をDLCとして出すのは、これもいいことだと思います。この辺MMORPG出身者はとても寛容w

だけど「次のゲームはどうやれば面白くなるか」について、既存ユーザーの声を聞いたって、駄目でしょ。『私』はあくまで私の好きなことしか言わないもんね。その声を聞いて貰ってDA3が面白くなるか。なるわけありませんw
自分たちが面白い、という内容を作ってくれれば、それで良いんですけどねえ。
posted by Laffy at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年08月18日

お盆と旧友とデパ地下

久しぶりに関東の大学に行った高校時代の同級生と再会した。
相変わらず色白の美人で、小学生の子供が二人居るとは思えないすらりとしたスタイル。んー羨ましい。

彼女は「あの事故以来お米は全部九州産、国産の牛乳もバターも食べてない。関西以南の物は大丈夫だと思うけど、皆先を争って買うからスーパーにはほとんど置いていないの」と、綺麗な関東弁で話してくれた。米はこっちに住んでいるお母様が送っていて、大阪に来たから蒜山牛乳(?)のバターを買って帰るのだという。

「私はいいけど、子供には安全な物を食べさせてあげたいから」
如何にひねくれ者の私でも、この友人にとやかく言う気にはなれなかった。

「乳牛の餌はほとんどアメリカかオーストラリア製だから、大丈夫だと思うよ」というと、「xxちゃんは農学部だもんね」と言って、少しほっとしたような顔をした。
#8割というところだったと思う。
##ついでに言うとバターよりホエイ、乳清の方に放射性核種は集まるから、バターより乳清飲料の方が危ないっちゃー危ない。


暑い季節には、大阪にも涼しい中部・東北地方から新鮮な野菜が入荷する。福島産の葉物野菜など、驚くほどの安さで(デパ地下で)並んでいたりする。元々この位の値段だったか、それとも他に理由があるのかは判らない。
ただ、この小松菜は多分今年の5月頃に種を蒔いて、それをお盆の間に収穫して、洗って根を切り揃え、ラップして冷蔵して大阪まで届ける、それが三株100円で儲かるのだろうかと思うだけだ。もちろん二つ買ったよ。安いからね。

宮城県で取れた小魚も、大きなざる一杯で200円だった。(名前忘れた、アイナメ?)もちろん買った。小骨が多いがまだ小さいので唐揚げにしても、そのまま煮付けてもいいという。 結局手開きで素揚げして南蛮漬けにした。めちゃウマー。

本当は地元で取れた食材を地元で食べるのがいいのだろう(とは言いつつアメリカ産のベビーバックリブをコストコで買ってるのは誰かなーw)。
でもまあ、店で売っている品物は全部食べるよ。あともうちょっと高くても大丈夫だよ。10円20円を争うような人はデパ地下で買い物しないよ、多分。うん。
業務スーパーはいいよねえ(笑)。あそこの冷凍エダマメ(剥き)大好き。

posted by Laffy at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2012年08月14日

逃避行動終わり

怖いところは終わった(笑)ので、真面目に書く。今晩中に87章、出来れば88章まで!

訳しているのは(ご存じの方も多いと思うが)DA2の後日談、スタークヘイブンを舞台としたアンダースとセバスチャン、フェンリスとゼブランの物語。あちゃらのFanFiction.netでMsBarrowsさんという方が連載されていた"Eye of the Storm"という小説を、ひたすら日本語に訳していく、それだけの作業なのだけど……。

いやー、日本語って難しいね。二次創作だから当然オリジナルとなるキャラクターがいて、彼らのイメージを保ちながら、日本語としておかしくない、聞き苦しくないような内容に置き換えていくのだけど、もう毎日、自らの「日本語能力の無さ」を身に染みている今日この頃。

「あたしのxxはそんなことゆわないっ!」と金切り声を上げる女子中学生ではあるまいが、会話文が不自然かそうで無いかを判断するためには、やはり脳内キャラクターに会話させてみる必要がある。
それでも所詮私は大阪のおばちゃんなので、無意識のうちに言葉遣いの癖が出てしまうし、丁寧にしようと思って、謙譲語が出てしまう(食べる->頂く、行く->参る とか)ようなこともある。

気になってるのはアンダースだね。特に序盤、身体言語と台詞の中身がちょっと乖離しているような気がした。最近は立ち直ったからほぼ一致しているけど。
苦労するのがセバスチャン。所詮私はド平民なので、高貴な方々の言葉遣いなど判る訳が無いのだ。しかもこいつはDLCキャラなので、元々ゲーム内での台詞が少ないくせに小説内では主役と来ている。ったく。しかも偉い人(笑)なのでぽんぽん難しい言葉を使う。あーめんどくせえ。
でも一番書いてて楽しいけどね。

翻訳って日本語だよね……。当たり前か。自分の知っている言葉以上のことは書けないし、知らない物事は書かれていても気が付かない。そこはプレイスルーの時にもさんざん苦労した。

幸い今の時代、Googleという素晴らしいものがあるから、机の上に座ったままで、多分この小説を訳さなければ一生知らなかったユダヤ教の伝統のお菓子とか、カトリックの組織や教典、中世の城の構造や、お馬さんの話をいっぱい知ることが出来たけど。昔の翻訳者は大変だっただろうね。

日本語の勉強ってどうやるんだろうか。読む方は毎日だから、書く方?毎日書けば上達するかな?しないよなあ(笑)。

posted by Laffy at 20:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき
Previous Next Close Move