2014年02月26日

手作り味噌に挑戦‐その4〜西京白味噌を仕込んでみる

どーも、味噌ブログのLaffyです(違
冷凍の米麹が中途半端に残ってしまったので、西京白味噌(いわゆる甘味噌)を作
ってみることにしました。

米麹

西京白味噌は麹歩合20-30(乾燥大豆に対して2倍から3倍量の麹)、塩分5%未満というのが一般的なレシピのようです。ふむふむ。

まず大豆を水に浸して、舌触り滑らかで色白のお味噌になるように皮を剥きます。

大豆

皮を剥いた大豆を圧力鍋で一気に煮て、煮汁を捨てます。これも色を付けないため。重量を量ると247g。その間に、麹に計算で求めた量の塩を入れてよく混ぜます。今回の材料は生麹330g、煮た大豆247g(乾燥大豆110g)、湯冷まし100g、塩分4.5%。ここから逆算して、塩は32gとなりました。

麹と一緒に大豆と水を餅つき器に入れて、味噌羽根ですり潰します。ちょっと舐めてみると、んーーー、塩味の効いた煮豆と麹の味ですね……。このままタッパーに入れて、60℃の湯煎で一晩熟成させます。

朝出すはずが忘れて、会社から帰ってきてからさっき出しましたw

西京白味噌

おおーちゃんと味噌になってる!
刺々しかった塩味がまろやかになり、甘みもぐっと増して、塩じょっぱい甘味噌の完成です。こんなに簡単に出来るとは、知りませんでした。
この後は、塩分が低いので冷蔵庫で保存します。

酢味噌和え

菜の花を茹でてタコと一緒に酢味噌和え。おいしー。

posted by Laffy at 20:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年02月23日

手作り味噌に挑戦 -その3〜糖化とアルコール発酵

先日、味噌容器の中に隙間が出来てきたという話を書きましたが、また様子が変わってきました。

続きを読む
posted by Laffy at 17:02 | Comment(0) | つぶやき

2014年02月19日

最近の猫

風呂蓋の上で暖を取るのが最近のマイブームらしいシロ。白猫だからシロ。安易。

シロ01

「おかーさん、おみずはまだですか」

はいはい。洗面器にシャワーでお湯を入れてやる。

シロ02

「そうそう、これが美味しいの」

さいですか。

posted by Laffy at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年02月08日

日本一低い山に行ってきたよ

日本一低い山と言えば天保山ですが、すぐ側の海遊館には幾度も行っているにもかかわらず、天保山自体は見たことがありません。せっかくなのでこの前行ってきました。

1-天保山公園

山の麓が公園になっています。

2-猫

猫が何匹か出迎えてくれました。人なつっこく撫でさせてくれたさび猫ちゃん。
#さび猫=トーティシェル、べっ甲とも。三毛猫の一種なのでほぼ100%女の子。
ちなみにトラ猫は大抵が雄で、うちのゆず&みかんのような赤トラ模様の兄妹( or 姉弟)猫が産まれるのは、両親ともトラ猫の場合のみ。由緒正しい虎一家。

3-遊歩道標識

こちらが遊歩道、じゃなくて登山道。ルート1,2,3と有るようです。

4-険しい登山道

見よこの険しき道のりを。

5-登山道途中

桜並木が見守る中、遙か彼方の塔(明治天皇行幸記念碑)を目指して歩きます。頭上に見えるのは天保山大橋。

6-山頂

山頂に到着!標高4.53m、さすがにここまで来ると空気が薄く感じられます。

7-三角点

なるほど三角点がありました。
これは国の地図の基礎となる大事な杭ですからねー抜いちゃ駄目ですよ−。

8-登山客

僅か数分の山頂滞在中にも、次々と訪れる完全装備の登山者達。まるで元旦の富士山頂のようです。

9-車椅子

何と車いすでの登頂者も!バリアフリーの波はここにも及んでいました。
またしきりに外国人(白人の、概ね高齢者カップル)を見かけました。不思議に思ったのですが、この日は築港に大型旅客船が寄港していました。きっと船内で
「あの公園には日本で一番低い山があるそうだよ!」
「Hahaha!それは行ってみないとね」などと会話が交わされたのでしょう。

10-古の姿

天保山、かつてはこのように賑やかな観光名所でした。Wikipediaによれば、
「海岸べりに高灯籠(灯台)が設けられ、山には松や桜の木が植えられて茶店なども置かれ、大坂でも有数の行楽地となった。当時の舟遊びをする人々の姿は歌川広重などによって浮世絵に描かれている」
だったそうな。
#昔はもっと高かったようです。と言っても数十メートルらしいですが……。

また公園の出口で、可愛い猫を撫で撫でして、おしまい。
ちなみに登頂記念証も地元の店で貰えるはずなのですが、生憎行った時間が土曜日の午後だったため、貰えそうな店が皆閉まっていました。残念。

posted by Laffy at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年02月01日

手作り味噌に挑戦 - その2〜酵母さんはいずこに

z-bailii_s美味しい味噌を作るためには、酵母が大きな役割を果たしているそうです。主役はジゴサッカロミセス・ルキシーさん。

続きを読む
posted by Laffy at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年01月26日

手作り味噌に挑戦 - その1

餅つき器を買い換えたら、味噌すり羽が付属品で付いてきました。まあ、味噌でも造ってみますか?

続きを読む
posted by Laffy at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2014年01月01日

あけましておめでとうございます@2014年

昨年はみっちりとmassively multiplayer online role-playing game……

ってATOK凄いよ!MMORPGって打とうとしたら、 
「これですかー?」ってフルスペル出してきたよ!
違うよ!合ってるけど!

……えーあけましておめでとうございますm(__)m。

IMG_6470

ご挨拶の代わりに猫。ひげがちょっと曲がっているのは、火鉢の側でこんなことをしているせいです。危ないって。

真ん中の炭の色は、これiPhoneで撮ったんですが、赤外線がちょっと被っているんでしょうね。妙にどぎつい赤色になっちゃってます。おもろいね。

IMG_1641

年越しもDread Fortressでしたっけね、SWTORでレイドやりながら過ごしましたが、本年も楽しくやりたいですね。どうぞよろしくお願い致します。

IMG_1655

飽きたら猫ブログにでもしようか、と言ったらこの表情。どうよそれ。

posted by Laffy at 10:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき

2013年12月15日

思わず目を疑う、というかこれCGでしょそうに違いない(違います

ニコニコ科学動画より。「充分に進歩した科学は、魔法と見分けることが出来ない」とはアーサー・C・クラークの言葉ですが、まさしく。

Box - The Creators Project

posted by Laffy at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

火鉢で餅を焼く

寒くなりましたねえ。

IMG_1551

火鉢。某オークションで購入。

ぎりぎり4桁円、でも送料入れると軽々と超えました。25kgもあるからね。大きな切り株をくり貫いて、中に銅板が張られてあります。多分年代物。

今回灰は付いていなかったのでこれも別途購入。高いねえ(しくしく)石油や石炭の灰は金を払って処分して貰わないといけないのに、木の灰は恐ろしく高いですよ。

五徳(金網の下のわっか)の下で炭を4つか5つ、常時燃やしています。換気のために奥に見えている窓を指数本分くらい開けていると、すきま風がすーすー入ってきます。このため部屋の温度は17-18℃で普段より低いのですが、不思議と寒くありません。直火の威力は凄いです。

「とりぱん」という漫画で、全館暖房のエアコンが入っているにもかかわらずスト
ーブの廻りに集まる人々、という一コマがありましたが、まあ結局そうなんですよ。海外でも暖炉は人気ありますしね。

さーて、また餅でも焼こうかな。
よっこいせと、

IMG_1595

あのー、それおかーちゃんの座椅子……

IMG_1597

「何か文句でも?」

いえ、別に。

posted by Laffy at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2013年11月17日

普通の豆炭とスーパーマメタン

寒くなって来ましたね−。
ひなたぼっこする兄妹猫。

IMG_6345

豆炭アンカが気に入ったので、とうとう豆炭12kg袋を購入しました。

IMG_6194

こちらのブログなどを見る限り、昭和初期からほとんど設計自体変わっていないようですね。ただし中の不燃性の詰め物は石綿だったのがグラスウールになっています。

IMG_6354

12kg入り紙袋。
質実剛健。

通販で買った後で、隣市のホームセンターで売られているのを発見しました。さすがは箕面市、大阪の田舎奥座敷。

 

 

 

 

 

IMG_6359

12kgだと豆炭が約240個入っている計算で、1日1個使っても半年以上大丈夫。これで安心です(何が)。

今回「スーパー」じゃない普通の豆炭を買った訳ですが、やはり違いはあります。

スーパーマメタン(30個で900円程度)

  • 表面に着火剤が塗ってあり、ライターでちょっと炙るだけで一気に燃え上がり全面に火が廻る。保管時火気厳禁。
  • 熾った炭火に入れると炎を上げて燃える(ホントは駄目)。
  • 一方燃え尽きるのが速く、アンカ内でも12時間程度で冷たくなる。消えた後の残灰は固く、手で持てる。

普通の豆炭(240個で1080-2400円程度、かなり値段にバラツキ有り)

  • 火が付きにくく、表面が所々白くなるまでガスコンロでじっくり炙る必要がある。ライターで火を付けるのは多分無理。
  • 付け方が甘いとアンカの中で立ち消えする。この着火しにくさはむしろ安全かも。
  • 燃え尽きるのは遅く、アンカの中で20時間以上は余裕で熱を保つ。残灰は柔らかく、指先でつまむとほろほろと崩れる。

コスト的には普通の豆炭の方が良いですね。もちろん今時の電気あんかと比べるとちょっと割高ですが、発散する暖かさは豆炭の圧勝です。
あと足が冷える時は足下に、背中が寒い時は背中にと、電源コードを気にせず自由に取り回せるのも良いですね。昨日もRaidの間中、足下に置いていました。なにせ猫あんかは不安定なので……w

ところでこの豆炭でBBQが出来ないかとやってみましたが、堅く成形した炭でゆっ
くり燃えるためか、意外と火力が低いようです。結構な数を使わないと、焼き物をするような熱量が確保できませんでした。やはりこれは暖房用ですねえ。

スーパー豆炭の方はどうしましょう……。キャンプ用に置いておくかな?


キャンプから帰ってきて、寝袋を出して広げて拭いて、さて片付けるかとほんの数分席を外した隙に……。

IMG_6235

IMG_6237

「あたらしいおふとん ありがと」

違ううう。

彼らの目は間違いなく赤外線センサー、あるいはふっくらセンサー完備。

posted by Laffy at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
Previous Next Close Move