2013年10月13日

時々キャンプに行く。

春秋冬限定ね。

キャンプと言っても車で入れる所しか行かない。重い荷物と寝袋背負って山登りなんてのは、若い頃はちょっとやったけど、もうしんどい。
ビバインドア。

車には木炭とテント・調理器具一式、枕と毛布が積んで有るので、食材と水タンクを積み込めば準備完了。

キャンプ地では、ご飯食べて寝るだけ。いやちょっとは観光もするよ。 徒歩5分くらい。
徳島_鮎喰川

テントを立てたらまずはご飯。炭火にちょいちょいと細い枯れ木を継ぎ足して、強火で炊く。最初から中ぱっぱ、赤子泣いても蓋取るな……。

うっすらと焦げた匂いがしてきたら、よいしょと鍋(テフロン加工の普通の鍋)をひっくり返して、その辺の石の上に放置する。多少焦げ付いても蒸らす間にぱっこりと取れる。

食材を切る。鶏モモとアメリカ産リブロース、後は冷凍ホタテとかカボチャとかそのときにある物。クレイジーソルトを振って竹串に刺して炙る。

程よく火勢の収まった炭火の上に、じゅうじゅうと鶏皮や牛肉の脂が滴り落ち、焦げ目が付いたところでさっきのご飯を開ける。鍋を開ける前から香ばしい香りが漂う、タイ産の香り米。いただきまーす。

他人様の子供に気を遣う必要も、酔っ払いの相手も、飲まない酒の後片付けも、使いづらい炊事場での洗い物も、なーんも無し。

ご飯を食べたら、残りの炭火で紅茶を淹れ、湯たんぽ用のお湯を沸かす。後は川のせせらぎに足を浸けるも良し、テントに入って昼寝するも良し、椅子に座ってぼーっと夕焼けを眺めるも良し。

和歌山_生石高原

日が暮れたらテントに入り、iPad miniでKOTORを進める。

猫を連れて行けないのは残念だけどね。猫は家で留守番。

おかまいなく

あ、おかまいなく。

posted by Laffy at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行の話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78081595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move