2013年09月01日

ぽちぽち、更新再開の宣伝。

ブログ別館にて、Dragon Age世界の海外の同人小説を翻訳紹介しております。よろしければお楽しみください。

--- 警告! ---
これらの小説には同性愛に関する直接的または間接的な表現、または過去における暴行の示唆が含まれる事があります。ご自分のご判断のもとでお読み下さい。小説内の全ての登場人物、並びに舞台背景等の著作権はBioWare/EAに所属します。


"In Dreams"(全42章、更新中)tumblr_mm6httmEkx1s0uc4po1_r1_1280

〜 フェンリスの身体に刻まれたリリウムの紋様を、彼にとって無害なものとしていた魔法は、今や消え失せようとしていた。死に瀕した彼に、遙か彼方から助けの手が差し伸べられる。 〜

静かな文体で綴られたDragon Age2の後日談。MsBarrowsさんが書かれた同人小説 "In Draems" を日本語に翻訳したものです。ご本人からはPrivate messageにて翻訳の許可を頂いております。

挿絵をEmanonさまから頂きました!Tumblrにてご覧ください。


"Jazz Age"(全60章、完結)

〜 ダークスポーンのUボートに追われて、ホークと彼の家族はフェラルデンから逃げ出した。二年後、戦争は終った。私立探偵ホークは仲間達と共に、ジャズと密造酒ともめ事の溢れるカークウォールを走り抜ける。どんちゃん騒ぎの20年代。 〜

DA2の登場人物達とカークウォールが、もし現実世界のアメリカの1920年代(Jazz Age)にあったらどうなるか。メイジ・ホークの一人称で生き生きと描いた小説です。
mongoose-biteさんが書かれた同人小説 "Jazz Age" を日本語に翻訳したもので、ご本人からは直接Private Messageで翻訳の許可を頂いております。



"Eye of the Storm"(全135章+α、完結)

〜 カークウォールでの事件の後、セバスチャンは大公位を取り戻すためスタークヘイブンに帰還した。そこに待っていたのは、事件の前に書かれたエルシナ大司教からの手紙と、あるメイジだった。 〜

DA2世界でも陰の薄いセバスチャンを主人公格として、彼の故郷でフリー・マーチズの一都市である、スタークヘイブンを舞台に書かれた長作です。セバスチャンの出身国に擬されるスコットランドと、BioWareのスタジオがあり、元著者MsBarrowsさんの故郷でもあるカナダの美しい自然が、ゲーム内の人物が自然に融和して新しい世界を創り出しました。

ここで紹介している小説は、MsBarrowsさんが書かれた同人小説 "Eye of the Storm" を日本語に翻訳したものです。ご本人からは直接メールで翻訳の許可を頂いております。またこの小説内の世界を元に、他にもたくさんの作品を書かれています(Storm Over Thedas AU)。

posted by Laffy at 12:06 | Comment(0) | [DA2]一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Previous Next Close Move