2013年04月23日

[Dragon Age 2]"Dragon Age: The world of Thedas" 来たよー

早いなAmazon.com。昨日届いていたようで、宅配Boxの中で寝ていたwTheworldofthedas

早速開いてみる。うーんこの洋本特有の強烈な匂い。

要するにイラスト集+設定資料集なのだけど、全て「今」のテダスを生きる人が各地のロアを書いた、つまりは観光ガイドのように、伝説と地理、種族、国家、魔法と宗教、フェイドにブライトと紹介していく。洋ゲーのCollecter's Boxに入っているようなおまけ本とはちょっと、いや大分違うね。

ただし歴史はドラゴン歴9:40、シーカー・カッサンドラ・ペンタガストによるカークウォールでのヴァリック尋問までで終わっている。残念。その前には小説"Asunder" での出来事も書かれていたりするので、あれが正史と言うことで良いようだ。

Greywarden

「メイカーはグレイ・ウォーデンに対し悲しげに微笑まれる、とチャントリーは言う、彼らの犠牲ほど大きなものは無いが故に」








 

幾つか聞いた事の無いLoreも幾つも掲載されていた。既に(こんな時しか見にいかない)公式フォーラムではネタ探しが始まっているようだ。

「フラクタリー:全てのサークルに入ったアプレンティスは、魔法を染みこませた特殊なバイアル、フラクタリーに血のサンプルを保存される。フラクタリーはその所有者の追跡に使われるだけで無く、離れた場所から魔法を掛けることさえ出来る。従ってメイジのフラクタリーの所有者は、そのメイジを本質的に支配していると言える」

へー。

テヴィンター帝国についてもかなり詳細な記載があった。あそこの社会階級なんて初耳だね。

メイジ階級
Altus(アルトゥス?読みはギリシャ語風で統一する):太古の神々とフェイドの中で対話できたと言われる古のドリーマー(ハイ出ました、Dreamersです。本物かどうかは不明)の子孫達。最初のブライトを引き起こしたとの汚名を着せられ、アンドラステ軍によってかなりの数が殺害されたが、それでもその子孫達は帝国の最上級の階級を占めている。

Laetans(レタンス):レタンス階級の中心は、それまでメイジが産まれたことの無い家系、あるいは魔法の血脈を育むもののドリーマーに祖先を辿ることの出来ない家で占められる。彼らはアルトゥスの血統による権力を上回る実力を示そうとし、その激烈な権力闘争で知られている。帝国の執政官の1/3はレタンス出身である。

平民階級
Soporati(ソポラティ):ソポラティはメイジでない、つまりは帝国の「平民」階級である。大多数を占めるヒューマンは私有財産の所持と、軍隊に入ることを許され、また多くの者が商業を営む。しかし政治に口を挟むことは出来ず、また両親のチャントリー内での階級を上回ることは無い。

メイジがソポラティの家に生まれた場合、その家族はレタンス階級に入る事を許され、テヴィンター社会において新たな社会的地位を得ることになる。平民階級が常にメイジ階級を仰ぎ見ているかどうかはさておき。実際、支配層と、高い知的レベルを持ちかつメイジでない兄弟達との摩擦は絶えることがない。

Slaves(奴隷):奴隷が私有財産を持つことや軍隊に入隊することは許されていない。彼らの多くは熟練労働者であり、一つの職業に特化して訓練を受けている。しかしながら彼らは一人前の職人として見なされることは無く、弟子を取ることも許されない。例え彼らが私有兵あるいは護衛として武装していたとしても、軍隊の階級につく栄誉を得ることは無い。

Qunari_slave奴隷が合法的に解放されるのは、法廷においてその所有者の同席の元、公式に解放すると宣言された場合か、あるいはその所有者の遺言に限られる。解放奴隷はしかしながら市民としては見なされない。彼らはLiberati(リベラティ)として知られ、限られた権利を持つ言わば二級市民となる。彼らはサークル・オブ・メジャイに入ったり、あるいは徒弟として商業に就くことは出来るが、軍隊に入ることは出来ず、政治の世界で発言権を持つことは極めて希である。

個人的に非常に興味のあるところなので、ちょっと長く訳してしまった。フェンリスが居なくなった後の彼の一家はリベラティとなって、妹(だっけ?)はメイジだからサークルに入れる訳だね。ちなみに絵はクナリ奴隷の模様。

posted by Laffy at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | [DA2]一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65371304
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move