2012年05月20日

[Dragon Age 2]War編‐Demand of the Qunその6

Quest:Demand of the Qun(キュンの要求)

 ホーク達が駆けつけた時、ヴァイカウントは既に殺されていた。

war_4703s.jpg

war_4704s.jpg

war_4705s.jpg

「良く来たな、ホーク。待っていたぞ」

war_4706s.jpg

「マラス トウ エブラショク。お前はただ一人のバサリト・アン」

え、やっぱり?*1

war_4707s.jpg

「これが尊敬される者の姿だ、よそ者よ!貴様達の多くは決してこう呼ばれる事はない!」

war_4708s.jpg

「ならば聞こう、ホークよ。我がコスランの書を見つけるまで、パー・ヴォレンに戻れぬ事は知っておろう」

war_4709s.jpg

「それ無くして、この対立をお前ならどう解決するか?」

war_4710s.jpg

叫び声、何かが倒れる音。

war_4711s.jpg

war_4712s.jpg

「あたしが答えてあげられると思うよ」

war_4713s.jpg

war_4714s.jpg

「ほとんど無傷だって判ると思うけどね」

war_4715s.jpg

「コスランの書」

war_4716s.jpg

「こうもあちこちで戦いが起きてたから、戻るのにちょっと手間取っちゃってね。どんな様子だか判るでしょ」

war_4717s.jpg

「私を裏切ったくせに!」

war_4718s.jpg

「あら、ちょっとばかり大げさじゃ無い」

war_4719s.jpg

「もしあなたがこの忌々しい本なんか盗んでいなかったら、最初からこの話は無くて済んだのよ!」

war_4720s.jpg

「そうかしら?多分あんたの言うとおりでしょうね。普段なら気にしないんだけど。オストウィックまで半分の道程まで行ったのに、戻らなきゃいけないって気が付いたんだ。情けないね」

war_4721s.jpg

war_4722s.jpg

war_4723s.jpg

「レリックは回収された。これで我はパー・ヴォレンへ戻れる‐その盗人と共に」

war_4724s.jpg

「何だって?」

war_4725s.jpg

「君はここに連中を4年間も縛り付けておいて、何の応報も無いと思っていたのか?」

war_4726s.jpg

「彼女がコスランの書を盗み出した。我らと共に戻らねばならぬ」

war_4727s.jpg

「何かとても具体的な対応を考えているように聞こえるけど」

war_4728s.jpg

「彼女はキュンの教えとベン・ハスラスに従う事となる。それ以上の事を言うつもりは無い」

ベン・ハスラス、MoTAでも登場したクナリ社会の精神面を司る機関。思想警察か。

war_4729s.jpg

「お前はレリックを取り戻した。彼女はここに残る」

war_4730s.jpg

「ならば選択の余地は無い。お前に挑戦する、ホーク。我とお前はいずれかが死するまで戦い、勝者が彼女を得る」

war_4731s.jpg

「駄目よ!誰かと決闘するんなら、あたしにしな!」

war_4732s.jpg

「お前はバサリト・アンでは無い。決闘に値せぬ」

war_4733s.jpg

「目的の物は手に入れたでしょう?」

war_4734s.jpg

「我々が盗人を許容出来ぬのは知っておろう。この責任を彼女が逃れる事は出来ぬ。彼女は連れて行く。もしお前が異議を唱えるならば、我が義務により我らは戦う」

war_4735s.jpg

「お前の死が、お前の決まりだ」

war_4736s.jpg

「マラヴァス!この決着に従うべし!」

war_4737s.jpg

わんこは残る。


*1:このビッチホークと来たら、サー・ヴァナールに味方してクナリ使節団を殺し、ついでに救出部隊も殺し、逃げ込んだエルフもとっとと返せと言ってるんだけどね。やっぱりバサリト・アン。つまりライバルリー側での首尾一貫という事なのだろうけど、今ひとつ納得が行かないなあ。マメに情報収集(ご機嫌伺いとも)に来ると隠しパラメーターが上がるんだろうか。
 Wikiを調べてみたら、クエスト前後でご機嫌伺いに行って、嘘を付かないと、勝手にバサリト・アン認定して貰えるみたいだ。
 そういえば昔一回だけ、
「彼女はバサリト・アンとお前はいった、ならば彼女には決闘する権利がある」
とフェンリスが言い出したのを聞いた覚えがあるんだけどなあ。
 ……ああ、なるほど!イザベラが戻って来たらこの台詞は聞けないんだ(笑)。一周目は確か逃げられたから、その時だね。
 ちなみに、プレイスルーもそれ以外の周回でも、アリショクは全クラス一騎打ちで殺している。というかそれしか勝てない。集団戦の方がよっぽどムズイ、と思う。そりゃ難易度下げればいいんだろうけど…。

この記事へのコメント
ここの集団戦難しいですよね。ヴァリックはニキビのように簡単につぶれるし
メリルはマナが切れて突っ立ってるうちにやられるしで
結局タイマンで倒しました。それ以外で解決したことねえや、そういえば。

この辺でイザベラに応報がひとつもないというのに今ひとつ納得行かないワタクシ。
まあ法に触れる系の悪事ではないにせよホントに何も無いのは
何だかなあと。いやイザベラは好きですけども。
Posted by 久仁彦 at 2012年05月20日 22:09
久仁彦さま、コメントありがとうございます(^.^)
うははは、メリルはうちは確かブラメジなので堅いですけど、何にせよ敵がこうも狭い所に密集していると辛いですね。サラバスも確か3体くらい出てきますし。
イザベラは、一応Act3の最初は謹慎してるんです。そう言う事にしておきましょう(笑)。
Posted by Laffy at 2012年05月21日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55976073
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move