2012年03月18日

[Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐アンダースその2

Quest: Questioning Beliefs(問われる信条)‐Anders, Act2
war_3321s.jpgwar_3322s.jpg
扉開けっ放しじゃん!鍵のことかと思ってたよ。まあそこは視覚で判らせるためか。
「来たのね。ひょっとしたら来ないかと思ってた」
war_3323s.jpg

war_3324s.jpg
「ジャスティスは君への愛着を快く思っていない。僕らの大義への邪魔者だと考えている」
war_3325s.jpg
「彼と僕が同意出来ない、数少ない事の一つだ」
war_3326s.jpg
「すると、彼はその……三人でやるのに嫌々参加するってこと?」
原文は"in our threesome"もう爆笑。もちろん上品なスパイクさんはこの単語はスキップした。
war_3327s.jpg
「頼むからその言い方はよしてくれ。君は……本当に僕で良いのか?てっきり君はフェンリスと……それともあのケダモノがとうとう君に歯向かったか?」
war_3328s.jpg
「フェンリスは行ってしまった。もう彼との間には何も無いわ」
嘘は良くないからね。

war_3329s.jpg
「彼が君を傷つけたのは残念だけど、もし僕の所に来てくれたのがそのせいだったら、残念だとは言えないな」
war_3330s.jpg
「サークルにいた時は、恋愛はただのゲームだった。本当に失いたくないものを持ってしまうと、テンプラーに付け込まれるだけだから」
war_3331s.jpg
「君を失うことを考えただけで死にそうな気分だ」
war_3332s.jpg
「ここにお喋りしに来たんじゃないでしょう」
war_3333s.jpg

war_3334s.jpg
「僕の知るメイジ誰一人、恋に落ちようとはしなかった」
war_3335s.jpg
「そのルールを破れるのがたまらなく嬉しい」
war_3336s.jpg

war_3337s.jpg

war_3338s.jpg

war_3339s.jpg

war_3340s.jpg

war_3341s.jpg
「愛してる」
war_3342s.jpg
「そう言うのをずっとためらっていた。未来の無い逃亡者に縛り付けられるより、君はまともな人生を歩むべきだと」
war_3343s.jpg
「だけど、君から離れたくはない」
war_3344s.jpg
「離れないで」
war_3345s.jpg
「本当に?ここに居ても、君と一緒に暮らしてもいいと?君は世界中に、騎士団長に、アポステイトを愛し、彼の側に立つと言ってくれるか?」
war_3346s.jpg
「ここに居て欲しい。私達が死ぬその日までね」
war_3347s.jpg
「この三年間、毎晩君を思っては眠れない夜を過ごしていた。この後目が覚めたら夢だったということにならないか、まだ恐いよ」
war_3348s.jpg



おしまい。つまり彼の場合ロマンスフラグは一切立てなくとも、最後だけでok。さすがだ(何が)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54498893
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move