2012年03月18日

[Dragon Age 2]War編‐Questioning Beliefs‐アンダースその1

Quest: Questioning Beliefs(問われる信条)‐Anders, Act2  これもDissentの前に発生しているクエストだけど、あえて後に回した。ちょっとテストしたいことがあったので。 ちなみにフレンドリーだとロマンス無しでもこんな甘い会話になる。 war_3300s.jpg 羽根ペンで何か書いている様子のアンダース。多分カラスの羽。 war_3301s.jpg war_3303s.jpg 「僕の論拠を書き留めておこうと思ってる。君のような人に、サークルが歪んだ不正義だと知らせるためにね」 war_3304s.jpg 「君の妹だってメイジじゃないか!何故判らないんだ?メイジの力はメイカーによって授けられたものだ。なのに人が、勝手に誰かをテンプラーだと呼んで僕達の上におこうとしているんだ」 war_3305s.jpg 「それで、どんな論拠を考えたわけ?」 war_3306s.jpg war_3307s.jpg 「『アンドラステはマジスターの手で苦しめられ、それゆえに魔法の影響を恐れた』」 war_3308s.jpg 「『しかしもしブラック・シティにおけるマジスターの悪行を、メイカーが魔法の咎とされたのであれば、未だに魔法を我々にお授けになるのは何故か?』」 war_3309s.jpg 「『メイジへの抑圧はメイカーのご意志による物では無く、人の恐れから始まったのだ』どうかな?」 war_3310s.jpg 「私の意見は知ってるでしょう。それ以上言ったって無駄よ」 war_3311s.jpg 「君にも判らせてやるさ!誓って、テダスの誰一人説得出来なくたって、君だけは僕の側で戦わせてみせる」 war_3312s.jpg 「そんな狂気を信じたまま、あなたを絞首刑にさせるわけにはいかない」 ここの選択はハート、ハート、ブレイクハート。出たよ。もちろんハートマークを選択する。 war_3313s.jpg 「本当に、僕は君にキスしたいのか、それとも殺したいのかさえ判らない。君の全てが憎い」 war_3314s.jpg 「君はあの少年、フェンリエルをサークルに閉じ込めてしまう様な人だ。だけど君のことを思わずにはいられない。この三年というもの、何度も君が夢に出て来て、たまらなくなって目が覚めるんだ」 war_3315s.jpg 「どうかしている。この先には破滅しか無いというのに」 war_3316s.jpg war_3317s.jpg war_3318s.jpg war_3319s.jpg 「もう何年も破滅するといってるけど、まだ何もされてないけど?」 war_3320s.jpg 「気をつけてくれ。僕の中に何があるかは知ってるはずだ。いつも優しい男だとは限らないぞ。もし今夜、部屋の扉が開いていたら、君の所に行く。開いてなかったら、ようやく僕の警告を受け入れたんだと思う事にしよう」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54498820
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move