2012年03月15日

[Dragon Age 2]War編‐Dissentその2

Quest:Dissent(地下へ)  ダークタウンの片隅、アンダース診療所からそう遠くない所に、その秘密の出入り口はありました。 war_3215s.jpg 「このギャロウズへの入り口のことは、誰にも言わないでくれ。何百ものメイジの命を救った秘密なんだ。」 war_3216s.jpg 「ここだ。このトンネルからギャロウズへ行くことが出来る」 war_3217s.jpg 「運が良ければ、陰謀の共犯者ではなく単なる盗賊と間違えて貰えるだろうな」 war_3218s.jpg 「「トランクィル解決策」の証拠を見つけるために手伝ってくれるか?」 war_3219s.jpg 「行きましょう」 war_3220s.jpg 「戦争になった方がまだマシだ。そうすればメイジは少なくとも対等に戦える」 war_3221s.jpg 地下通路をどんどん奥へ。 「リリウムの密輸業者達がこのトンネルを掘った。ブツが欲しくてたまらないテンプラーのためにね」 war_3222s.jpg 「いや!お願いです…何も悪い事はしていません」 war_3223s.jpg 「嘘を付いたな。嘘を付くメイジはどうなると思う?」 war_3224s.jpg war_3225s.jpg 「ママに会いたかっただけなの。私がどこに連れて行かれるのかさえ誰もママに言ってくれなかったから」 war_3226s.jpg war_3227s.jpg ぐもももも。ジャスティス発動中。 war_3228s.jpg 「止めろ。駄目だ、ここはやつらの領域だ。ここでは戦えない…」 war_3229s.jpg 「すると、逃げようとしたことを認めるのだな?この辺りで規則に従わぬメイジの娘がどうなるか、知っているはずだな?」 war_3230s.jpg 「お願い、止めて!トランクィルにしないで!何でもするから!」 war_3231s.jpg 「その通りだ。一旦トランクィルになれば、わしの言うことは何でも聞くようになるぞ」 後ろで既に杖を振り上げているアンダース。 war_3232s.jpg 「彼女から手を離せ!」 選択肢はもちろん「死ね!」 war_3233s.jpg 「貴様のような邪悪な者に、二度とメイジに手出しはさせん!」 war_3234s.jpg ここに引き込んで戦うと、後ろから来るルテナントと時間差が出来て楽。 war_3235s.jpg war_3236s.jpg 「やつらは皆殺しだ!全てのテンプラーの最後の一人まで、この悪行の報いを受けるがいい!」 war_3238s.jpg 「もう終わった、アンダース。連中は皆死んだ」 この選択肢は社交的。強気だと「連中は皆殺しだ、約束する」(They WILL die.)になってテンプラー側ロールプレイ上ちょっとマズイ。 war_3239s.jpg 「やつらは一人残らず正義の炎に焼かれるのだ」 war_3240s.jpg 「あっちに行け、ディーモン!」 war_3241s.jpg 「我はディーモンではない!そのように呼ぶということは、貴様こそやつらの一人か?」 war_3242s.jpg 「私の言うことを聞け!それ以上近寄るな!」 war_3243s.jpg 「お前の言うことなど聞く必要は無い!」 自分がジャスティス(正義)なのだから、というダブル・ミーニング。多分ね。 war_3244s.jpg 「それが正しいやり方だと思うのか。お前の炎はテンプラーのために取っておけ!」 war_3245s.jpg 「どうか、メッセーレ……」 war_3246s.jpg war_3247s.jpg war_3248s.jpg war_3249s.jpg war_3251s.jpg war_3252s.jpg war_3253s.jpg 「メイカー、止めるんだ…」 war_3254s.jpg 「僕はもう少しで…もし君がここにいなかったら…」 war_3255s.jpg 「僕は…ここから離れないと」 war_3256s.jpg セバスチャンの+15は、実は選択肢とは無関係でエラちゃんを生かした(アンダースのスペシャルオプション使用)と言うだけで付く。まあ有難く受け取る。 war_3257s.jpg サー・オーリックの死体から忘れずに手紙を拾っておく。 war_3258s.jpg
「ディヴァイン・ジャスティニア猊下  猊下とメレディス騎士団長共に、私の提案を却下なされた事は重々承知しておりますが、どうぞご再考の程お願い申し上げます。  フリー・マーチズのメイジ達は既に制御の域を超えております、過去三年にその数は倍増し、我ら騎士団の中にさえアボミネーションを植え付ける手段を発見しております。抑制は不可能です!  トランクィル解決策が我々の解答であります。成年に達した全てのメイジはトランクィルとされるべきです。彼らと平和に共存し、しかも彼らの有用性を保ち続ける−完璧な戦略!全てのメイジに、確実に人とメイカーが示す所の法律に従わせる、単純かつ最良の方法です。  あなた様の忠実な僕として、サー・オットー・オーリック」
war_3259s.jpg ここの隅にアンダースのアップグレードがある。取り忘れると二度と入れないので要注意。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54479006

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move