2012年02月26日

[Dragon Age 2]War編‐The Deep roads expeditionその6

Quest:The Deep roads expedition(地底回廊の探検)

 行方不明のサンダルを探しつつ、ディープ・ロードの奥へと進む一行。そこここにダークスポーンの死体が散乱していました。

war_2498s.jpg

「ナグの叔父貴にでもなった気分だ。ありゃボーダンの息子じゃ無いのか?」

顔を伏せるベサニー。

war_2499s.jpg

war_2500s.jpg

war_2501s.jpg

「こんちわ。」

war_2502s.jpg

「ずっとここで生きてたってこと?」

war_2503s.jpg

「信じられない。これ全部お前がやったのか?」

しゃがんで目線を合わせる。

war_2504s.jpg

何これ。

war_2505s.jpg

「ぼかーん。」

war_2506s.jpg

「それと、あれはどうやった?」

凍り付いたオーガらしき物体。

war_2507s.jpg

「エンチャントメントじゃない!」

war_2508s.jpg

「利口な子だ。」

いやこいつDAシリーズ最強戦士だから。

war_2509s.jpg

「行こうぜ。落盤した所の廻り道を探さないとな。」

---

war_2510s.jpg

 さすがにメイジ2人にヴァリックが居ればドラゴンもあっという間。ただしスタミナ切れは辛い…。アンダースの杖は途中で拾った氷属性のものに変えている。

war_2511s.jpg

「やあ、ここだ。ここから俺達の目的地に直に行けるだろう。戻ってバートレンドに伝えよう。喜ぶぜきっと。」

war_2512s.jpg

「バートレンド!この忌々しい穴倉を避けて通れる廻り道を見つけたぞ!」

war_2513s.jpg

「やっとか!移動するぞ!」

war_2514s.jpg

「すんげえ。」

war_2515s.jpg

「ここが予定の場所か?」

war_2516s.jpg

「俺は…放棄されたタイグがあるとは思っていた、古いやつがな…しかし、ここは何だ?」

war_2517s.jpg

「そもそもここに古いタイグがあるなんて、どうして知っている?」

「掃除屋どもの伝説だ。第三のブライトが終わった頃からのな。連中が言うには地上から一週間下った所にあると、だが誰も信じてなどいなかった……」

war_2518s.jpg

「ここにキャンプを設営しろ!周囲を探索する必要があるな。」

---

war_2519s.jpg

「どうにも判らない。このタイグは、全く辻褄が合っとらん。」

war_2520s.jpg

「どうして?」

war_2521s.jpg

「俺たちゃディープ・ロードの相当深いところまで来てる。ここに住んでいたドワーフ達が誰であれ、そいつらは第一のブライトよりずっと前に来ていたはずだ。しかしパラゴンの彫像が何処にも見当たらん。壁や、瓦礫に掘ってある印象にしても、見当も付かんものばかりだ。」

war_2522s.jpg

「ドワーフの歴史全てを知ってるわけでも無いでしょ。」

「俺達がほとんど変わっておらんという事くらいは知っとる。ドワーフはもう長い間伝統にどっぷり浸かっとるからな。ここのドワーフ達は変わり者だったのかも知れん。もしそうなら、連中がお宝を手元に置いていたことを願うだけだ。」

war_2523s.jpg

war_2524s.jpg

「彼を見つけて下さったのか!信じられません、見つかったとは!」

war_2525s.jpg

「こんちは。」

「本当に恩に着ますぞ!どうにかして、必ず恩返しはさせて頂きます、私の命に代えましても!」

war_2526s.jpg

「守れない約束はしない事ね。」

「いいえ守りますとも!」

---

war_2527s.jpg

「ふーむ。ここを通ったのが誰であれ、ここらはそれほど損傷は受けてないようだな。何か見つかると思うか?」

war_2528s.jpg

「バートランドほどこの場所に夢中になってないようね?」

war_2529s.jpg

「やつとは違って、俺はオーズマー生まれじゃないからな。儲け話でも無ければこんな所に降りてくることも無かっただろう。この場所を見てると寒気がしてくるぜ。それだけの価値があることを祈ろうか。」

war_2530s.jpg

「もし何も役に立ちそうなものが見つからなかったら、この探検隊全部が全く無駄だったって事になるわ。」

「ふん。先に降りて何があるか見てみる必要がありそうだな?」

war_2531s.jpg

太古のタイグの入り口を発見。

------------

 今日の更新分から、画像の保存先とサムネイル画像の大きさをちょこっといじってみました。もうココログの残り容量は捨てて、さくらインターネットに(少なくとも画像ファイルは全部)移動させます。FTPソフトが使えるのでファイル転送らっく楽(^.^)。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54478960

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move