2011年09月10日

[Dragon Age 2]シーカーの尋問−The Last Strawの後

 全ての出来事を語り終えたヴァリックに、シーカーが再び問いかけます。彼女は今、どこに居るのかと。

Mage_4603

「大虐殺の知らせはたちまち広がった。」

Mage_4604

「チャンピオンの名は、かの強大なテンプラーにさえ反抗する事が出来るという事を思い起こさせる鬨の声となった。」

Mage_4605

Mage_4606

「彼女はメイジ達を野蛮な不正義から守り抜き、多くの者が生き残ってその物語を語ることになった。」

「各地のサークルは立ち上がり、世界中に戦火を放った。」

Mage_4607

「カークウォールの秩序を回復するために、さらに多くのテンプラーが到着したが、俺達はとうの昔に街からは姿を消していた。」

Mage_4609

「俺達は山々の間に身を隠した、そして周囲の状況から、結局俺達全員がチャンピオンの側から離れる事を余儀なくされた。」

Mage_4610

「おおっと…フェンリスを除いて全員だな。」

Mage_4611

「今でもいろんなお話を聞くことがあるだろうさ、もちろん。話の中心には真実が残っているとしても、語られる度に話が大きくなるってもんだ。」

Mage_4612

 

Mage_4615

…ディープ・ロードかな?

Mage_4616

「新たな伝説が誕生したってわけだ。」

Mage_4617

Mage_4618

「さあ、これで終わりだ。これが全部の物語さ。」

Mage_4619

「するとメレディスがサークルを挑発した。責めを負うべきは彼女か。」

Mage_4620

「それか、あのくそったれのアイドルかな。それともアンダースか。好きに選んでくれ。」

Mage_4621

「もしそうだとしても、もしチャンピオンがその場に居なかったとしたら…」

Mage_4622

「あそこまで大ごとにはならなかったかも知れないな。」

Mage_4623

「なるほど。」

Mage_4624

「それで、一体全体この尋問が何かの助けになったのか?」

Mage_4625

「あんた達はとっくに全サークルを失ったんだろう。」

ヴァリックはどの角度から見てもイケメンだなあ。

Mage_4626

「実際の所、テンプラーも叛乱したんじゃなかったか?あんたらもメイジを狩り出すためにチャントリーを離れる事にしたと思ったがな?※」

Mage_4627

「我々全てが戦いを望んでいる訳では無い、ヴァリック。」

Mage_4628

「頼む、もしお前がチャンピオンの居場所を知っているのなら、話して貰わなければならない。」

Mage_4629

「彼女はヒーロー、メイジがその言葉に耳を貸すであろう女性、事の始まりの場所に居た者。」

Mage_4630

「チャンピオンならこの狂気が手遅れとならぬうちに止められるかも知れん。それが出来るのは、おそらく彼女だけ。」

Mage_4631

 

Mage_4632

 

「そうだとしたら、あんたの力になれれば良かったんだがな。」

Mage_4633

「一つだけ教えてくれ、それなら。チャンピオンは死んだのか?」

Mage_4634

「ああ、俺にはそうは思えねえな。」

Mage_4635

「ならばお前は自由となった、ヴァリック。」

Mage_4636

「メイカーがお前をお見守り下さいますよう、我らの先方に待つ暗黒の時代においても。」

Mage_4637

Mage_4638

「あんたもな、シーカー。あんたにもだ。」

---

Mage_4639

Mage_4640

あっ、ここは。

Mage_4641

「それで、聞いたの…?」

「消えた。あのウォーデンのように。」

Mage_4642

Mage_4643

「これは偶然では無いわね。」

Mage_4644

「それで、我々は元の計画通り進めるのか、あるいは探し続けるか?」

Mage_4645

「いまやメイカーの御手に委ねられたわ。彼の御心のままに。」

Mage_4646

Mage_4647

Mage_4648

Mage_4649

 

---

Mage_4650

------------

おしまい。

(※)シーカーはディヴァイン直属の秘密部隊で、テンプラーに対する憲兵隊のような役割を果たす。またチャントリーの害となるような内部・外部の敵に対する調査・審問なども担当する。例えばクナリが居なくなった後、あの場所はシーカーの監視下に置かれている。

 テンプラーの紋章が太陽に剣で、シーカーのそれが太陽に目というのはチャントリーの「手足」と「眼」を端的に表しているのだろう。ところでずっとヴァリックはシーカーと呼んでいるけど、この女性にはちゃんとカッサンドラという名前がある。

---

 メイジホーク編、終了です。中途半端な状態から走り出した事もあって、翻訳の内容にはまだまだ不満足なところが有りますが(特にAct1とか。画像も暗いし)、一旦ここで閉めて次の「強気一辺倒ウォーリアー編」に移ろうと思います。(まだやるんかいっ!)

 いや、強気ホーク面白いんですよ。あの説得も成功するし、あのブラメジも味方に付くし、まさかあの女まで?!信じられん。ひょっとしてこの世界、強気の方が上手く行くんじゃないかしら。最初は強気/攻撃的な性格というと、もっとなんというか痛々しい、awkwardな台詞を想像していたんですが、全然違いますね。不具合と言えば、ヴァリックが「非公認」伝記作家になるくらいでしょう。

 生憎また女性ホークですが、もちろんロマンス相手は変わります。こちら側の結末は実はまだ見てないので(現在Act2途中)、自分でも非常に興味があります。メイジ/テンプラー問題、またクナリについても大きく態度を変えるつもりです。

 全編通したプレイはこれで通算5回目となりますので、多少攻略サイト的な情報も入れていきたいと思います。イザベラで大分勉強したわよ!(笑)

posted by Laffy at 21:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | [DA2]Act3(メイジ編)
この記事へのコメント
お、おつかれ様ー。
 シーカーじゃないレリアナがシーカーの格好してるのも偽装ですよね。シスター・ナイチンゲールなんでもあり。
 カッサンドラ主演のアニメ映画はどうなるんでしょうねー。監督日本人だから日本でも上映するのは間違いないでしょうけど。

 もう5回もクリアしたんすか。さすがですね。
 こっちなんてまだ2回。気になるほかのゲームが多すぎる(笑)。せめてロマンス相手違いの4回は頑張ろうかな。
Posted by Vanity at 2011年09月10日 22:22
お疲れ様でしたー。
強気ホーク面白いですよねー、戦闘中のセリフが結構好きですw
次はアンダースでライバルロマンスかな? 楽しみです。
Posted by 月見草 at 2011年09月11日 02:09
Vanity様
ありがとうございます(^.^)
レリアナはどっかでシーカーになったんじゃないですかね?ディヴァインのために働いている
とか言ってるし。

> こっちなんてまだ2回。気になるほかのゲームが多すぎる(笑)
ゲームがもの凄い数ですね、私はこれ「しか」やっておりませんから(^_^;
The Witcher 2の記事も楽しみにしております。
ロマンス相手違い×フレンドリー/ライバルリーで8回…無いな(笑)
Posted by Laffy at 2011年09月11日 10:06
月見草様
ありがとうございまっす(^.^)戦闘中の台詞は字幕が出ないのが辛いなあ。
でも良いですよね強気ホーク。パラフレイズの文章にビビっていてはいけない、がんがん行こう!
アンダースは…楽しみにして良いのかな(笑)
Posted by Laffy at 2011年09月11日 10:08
ディープロードかなって言っていたところはフェレルデンで、ゴーレムはOriginsに出てたシェイルですよ。やることなくてハトを殺しまくってる(笑)
おそらく3では鳥が大嫌いなあのシェイルが出てくるんでしょうね。楽しみです。

画像を載せていただいたおかげで速くてよくわからなかったところ(シェイル出てくるシーン)を見ることができました。ありがとうございます。
Posted by 山太郎 at 2012年02月22日 01:55
山太郎さま、コメントありがとうございます。
 あれはシェイルですか!なるほど、確かにハトっぽいですね。それにしてもカッサンドラ、ディヴァインから直に渡されたあの本の扱いが、随分乱暴ですねw
Posted by Laffy at 2012年02月22日 15:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54478752

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move