2011年09月09日

[Dragon Age 2]The Last Strawその7−ギャロウズ内部

Quest:The Last Straw

 メイジの立てこもるギャロウズに、テンプラーが攻め入ってきます。しかしホーク達と違いサークル・メイジには戦闘経験などほとんど無いはずです。

Mage_4393

「準備は良いか、チャンピオン?この戦いはほとんど君たちと私に掛かっているだろう。」

Mage_4394

「この戦いに勝てる見込みはないと思っているの?」

Mage_4395

「君が共に戦ってくれるなら、ひょっとすればな。」

Mage_4396

「しかし仮に我々が勝ったとして、それからどうなる?さらにテンプラーが、より大勢の軍隊を連れて来るだけだ。我々は今やアポステイト。唯一の望みは、セダス全土のサークルの中に有るのみだ。」

Mage_4397

「この不正義に対して彼らも我々と共に立ち上がるかも知れん。しかし断言してもいいが、我々は他のサークル以外に、同情を得ることは出来ないだろう。」

Mage_4398

「勝負はこれからよ。」

Mage_4399

「良いだろう。君は仲間達に指示を出してくれ。私はメイジ達に準備をさせる。」

Mage_4400

最後のパーティ選択。

Mage_4401

「私もお手伝いします、あなたの側で戦えないとしても。」

Mage_4402

「メリル、遠くから攻撃するのよ。出来る限り戦場からは離れること。」

Mage_4403

「そうするわ。」

Mage_4404

「アヴェリン、相手の隙を見て突撃して。」

Mage_4405

「結構よ。」

Mage_4406

「ヴァリック、敵の視界に入らないように、クロスボウを使え。」

Mage_4407

「ビアンカもいつでも準備出来てるぜ。」

Mage_4408

「カーヴァー、私達が敵の数に圧倒されないよう注意して。」

Mage_4409

「判った。」

Mage_4410

「さあ、いよいよ始まるわ。不安を感じる人も居ると思う。ひょっとしたら私もかもね、だけどそれが判るまでぐずぐずするつもりは無い。」

Mage_4411

「判っているのは、私は隅っこに追い詰められるのは嫌いだってことと、連中が怒りにまかせて攻撃するよりも、脅えた私が反撃する方がずっと強いってこと。」

Mage_4412

「皆を脱出させる間、出来るだけ私達で時間を稼ぐつもりよ。」

Mage_4413

「チャンピオン、始まりそうだ。」

---

Mage_4414

Mage_4415

「門を破れ。」

Mage_4416

Mage_4417

「やつらが来たぞ!」

Mage_4418

「食い止めるんだ!」

Mage_4419

Mage_4420

Mage_4421

Mage_4422

Mage_4423

Mage_4424

Mage_4425

Mage_4426

Mage_4427

Mage_4428

Mage_4429

Mage_4430

Mage_4431

Mage_4432

「これはどういう事だ。連中にとって我々など赤子の手を捻るような物では無いのか?」

Mage_4433

「なぜ時間を掛ける?なぜ我々に偽りの希望を持たせるのだ?」

Mage_4434

「このまま逃げ続けるものか!彼女に殺されるのを待つつもりなど無い。」

Mage_4435

「まさかメレディスに一発もお見舞いせずに諦めるつもりじゃないでしょうね。」

Mage_4436

「諦めなどしない。あの力に従うのだ。」

Mage_4437

「クエンティンの研究はあまりに邪悪で、あまりに危険すぎたため、私は顧みることはなかった。しかし今や他に方法は無い。」(※)

Mage_4438

Mage_4439

「メレディスはブラッドマジックを期待しているのだろう?ならば私が見せてやろう。」

Mage_4440

Mage_4441

「メイカーよ我ら全てを救いたまえ。」

------------

(※)Quest: All that remains(残されたもの)で登場した、サークル・オブ・メイジャイからの手紙

1051b

「親愛なる友よ、

 君の欲しがっていた本を入手した。いつもの隠し場所に置いておく。出来る限り早く回収してくれ。間違った物の手に落ちるのは見たくないからな!

 最後の手紙には実に興味をそそられた!不可能を可能にすることで、君は僕が間違っていたと再び証明した。君の決心を疑ったのは誤りだと認めよう、どうかこの先の進捗についても知らせてくれると嬉しい。

君の友であり同志として、
O」

「どうしてこんな本を持っているの?一体何のために?」

---

 ここで出ていたサークル内部の同志Oというのが、オシノだった事が明らかになります。ファースト・エンチャンター自らが、リアンドラを殺害したクエンティンのブラッド・マジックの研究を手助けしていたことになります。

posted by Laffy at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | [DA2]Act3(メイジ編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54478748

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move