2011年06月13日

[Dragon Age 2]The Deep Roads Expeditionその4

Quest:The Deep roads expedition(地底回廊の探検)
ディープ・ロードの探検が始まりました。ところが、それほど遠くに行かないうちに問題が次々と発生します。

0613046

 

0613047

0613048

 

0613049

 

「駄目です、落盤で…この先は進めません。」

0613050

「何だと?他の道が有るだろう?」

0613051

「いえ、見つかりませんでした。側道がありますが、危険すぎます。」

0613053

ごすっ。

0613054

「役立たずが!何のために貴様のようなやつに金を払ってると思ってるんだ?」

0613055

雲行きが怪しいようです。

0613056

「キャンプを設営しろ!」

0613057

「なんか問題か?兄貴。」

0613058

「忌々しいディープ・ロードが!この先の道を通れるようにするまでどれだけ掛かるか判ったこっちゃねえぞ。」

0613059

「そんかわり、回り道を探した方が良いんじゃないのか?その方が論理的ってもんだぜ。」

0613060

「俺がアホウだとでも思ってるのか、ヴァリック?さっきの斥候も脇道は危なすぎると言っているだろう!」

0613061

「ほらね?だから私みたいなのを連れてきたんじゃない。」

0613062

「俺たちが見てこよう。もし泣き叫びながら俺たちが走り戻ってきたら、ここに留まった兄貴の判断は正しかったと言う事になる。」

0613063

「判った判った!回り道を探せ。さっさとやれよ!」

0613064

「これだから僕はグレイ・ウォーデンを抜けたんだ。腐り果てたディープロードなんて大嫌いだ…」
早くも泣き言の入るアンダース。

0613065

「ああ…ご迷惑をお掛けしたくは無いのですが、友よ、どうしてもお話ししたい事が。私の息子の、サンダルが迷子になったのではと心配で。今この側道のどこかに居るはずです。」
「お願いです、彼を見かけたら注意してやって下さい。彼は…危ないと言う事が判っておらんのです。」

0613066

「ここに、息子さん一人で?無事な可能性があるの?」

0613067

「息子はあれでも見かけよりしっかりしてますぞ。もし彼がエンチャントメントを一つでも持っておれば、彼は大丈夫でしょう。以前にも事故で家を二回ばかり焼いてしまいましたな。ただ、私は彼が迷子になる方が心配でしてな。可哀想なやつ。」

「最後に彼を見たのは何時?」」
「半時間も経っておりません。食料を配るため彼から目を離したとたん、居なくなってしまったのです!気の散りやすい子です。もっときつく言っておけば良かった!」

0613069

「彼をなるべく無傷で連れ戻しましょう。ひょっとすると、二つくらいに別れちゃうかも知れないけど。何とも言えないわね。」
「可哀想なサンダル。まさかこんな事になるとは!」

0613070

「じゃあ急いだ方が良いな。」

posted by Laffy at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [DA2]Act1(メイジ編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54478552

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move