2015年02月23日

[DA:I]フェイドの中の記憶

むむっ。これはまずいw
フェイドの中で、第一次ブライトが始まった頃のテヴィンター人の記憶と思われるものを見つけてしまいました。
#って最初から有ったんだよ!見逃してただけだよ!

これによると、デュマートの地上への出現(TE800年頃)とテヴィンターのOld Godsが沈黙状態となったのが、ほぼ同時期に起きた現象であることが伺えます。うーん時系列を考え直さないと。

"Memories Etched in Stone and Blood"

彫像に今朝は特別な品を捧げたが、やはり神々は沈黙していた。神官達は怯えている。テヴィンターの人々全てが怯えている。何世紀もの間我々を導いてきた神々が、全く沈黙してしまった。
彼ら無しに、この世界に残された我々と、精霊にすがり導きを希う南部の野蛮人と、何の違いがあろうか?

そして、我々の友人であるドワーフ同様、この地下からあふれ出す奇妙な生物は何だ?闇から溢れ出す、病を撒き散らす者達……何故神々は我々を護っては下さらないのか?

地面が揺れている。彫像の上に倒れた時に、手を切ってしまった。強大な、寺院市場を揺るがす叫び声、そして空を横切る陰。ドラゴンだ。いや、違う、デュマートだ!私はあの姿をした供え物を幾度も作った‐彼の姿は自分の手同様によく知っている。
彼が戻ってきた!我々を脅かす、この闇から産まれし物(Darkspawn)を焼き払い、テヴィンターを栄光と脅威に満ちた日々へと再び導くために!

いや、違う。彼の鱗は黒くくすんで斑点が浮き、その姿は捻れ崩れた、ダークスポーンそのものであった。彼の大きく開かれた口から炎が吹き出し、市場を焼き尽くしている。

炎が私に向かってきた。
いったい何が悪かったのだろうか?

−−古代テヴィンターの彫像に、どうやって捕らえられた記憶

もう一個。後で訳す。
コリちゃんのあの姿は本人ではなく、彼が作った祭壇(というか人型の像)のようですね。
どうやって再生するのかって?知らんw

The Claws of Dumat (found in the Fade)

Master unveiled a new altar. It stands higher than a man, like a great statue, and great spikes jut out from its length, hungry for blood. Master calls it "the Claw of Dumat" and says that the altar will help bring Tevinter to glory. I praised it, as was expected, and Master smiled. It was good to see him smile again. He has been fearful of late, vexed by the loss of followers. He has met with the other priests, and in secret, I have heard them discussing ways to return the people of Tevinter to the ways of the Old Gods, as is only just.
 
He spoke to me later in the day, and asked that I call him Corypheus, as it was the name he would take for himself after a ritual. Master - now Corypheus - told me that my people, the elves of old, were tied to the Fade, and that in order to carry out the will of Dumat, he would need to call upon the magic that lives in our blood.
 
Corypheus told me to gather all of the elven servants and bring them to the western hall of our home at midnight. That is the hall where the Claw of Dumat is now kept. There are shackles across the top of the great altar, and pools lined with runes beneath the claws.
 
I have sent my wife and children away, but have not warned the others. A few I may save. If I tried to save us all, we would only be killed in some other way, and others would die in our place.
 
Master once laughed and joked. He could be stern, but he was not a cruel man. The weakening of the temples brought fear into his heart, and that fear has changed him. The cuts upon his arms are deeper and longer where he used his blood magic more often. He speaks to his wife little. He listens only to the voices in his dreams.
 
It is almost midnight. The Claw of Dumat, great and spiked and merciless, is all my mind can see. I must gather the others. My family is safe. Corypheus will take me, but not those I love.
 
- Words somehow preserved in blood at the statue's base

posted by Laffy at 01:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | [DAI]インクイジション
この記事へのコメント
これめっちゃ大事じゃないすか?
こちらの考察にもさくっとパクっらせていただきます。
早く訳して!(笑)

Posted by Vanity at 2015年03月04日 14:05
わはははは(笑)コメントありがとうございます(^.^)
実はもう何日も前に訳し終えていたんですが、エルフ審問官が佳境に入ってしまって(言い訳)
しかもベータも来てしまったし、どうすんの。
Posted by Laffy at 2015年03月04日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114117399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Previous Next Close Move