2014年10月24日

[SWTOR]The Revanites' Ascendance

元ネタはDev Blogに投稿された話ですが、Redditor達のアホ話が面白かったのでついでにそっちも訳しました。


レヴァン教徒の支配力

FROM:シュラウド
TO:全諜報員(レベル25暗号化済)
SUBJECT:レヴァン教団

帝国及び共和国に埋め込まれた多数の諜報員の死については、既に話した通りだ。何名かについては全くの事故のように見え、一方で謀殺されたことが明らかな者についても、暗殺者の能力及び殺害様式はランダムで、何らかのパターンを示唆する物は無かった。だが彼らの死に関連性は無いと見たのは、私の過ちだった。

ある共和国士官と暗黒評議会の成員が密かに会合を持っていたことが、惑星マナーンの偵察プローブにより明らかとなった。この比較的平穏な時期に置いてさえ、これは極めて異例なことであるのは語るまでもない。当初私は彼らが何らかの条約を結ぼうとしていると考えた。だがその後、この奇妙な二人が惑星マナーンの衛兵、オーダー・オブ・シャサの庇護下で活動していることに気付いた。この些細な事実が、私の脳裏でカチリと音を立てた。

オーダー・オブ・シャサが従う教義は、かつてのダース・レヴァンの言を重視している。レヴァンがその人生の内にシス卿であり、またジェダイの騎士でも有ったことは、既に諸君もよく知っていることだ。だが、彼の極めて実利的な教義に従うまた別の一派が、ごく最近頭角を現してきたことを知らない者も、諸君の中には居るだろう。

私が初めてこの教団のことを知ったのは、ドロムンド・カスに配置され、レヴァン教団の信奉者に接近したある諜報員からであった。彼らはこの教団が、理想の本来有るべき姿に帝国を内から変えてゆこうとする志を共にする集団だと諜報員I-29に説明した。彼らは諜報員I-29、当時はある著名なシス卿の別荘の管理人に偽装していたが、彼に内部の情報をリーク出来ないかと依頼した。無論、私はI-29にその依頼を受けるよう指示した。

I-29はレヴァナイト‐この教団の信者‐の一員として有用であることを証明した。彼女は教団に快く受け入れられたばかりでなく、私の指示に従い教団の組織図を明らかにした。結局のところ、彼らは適切な人材を欠き組織化もされていない、単なる狂信者集団であった。興味深い存在ではあるが、利用価値は無かった。私はI-29に事故死を偽装するよう命令し、彼女を外世界へ転属させた。その後もしばしば、この教団に関する取るに足りぬ噂話を耳にしたが、どれも今私が信ずるに至った事柄を導き出す物では無かった。

もし仮に私が、自らの意志を全銀河系に知らしめんと望んだとしても、帝国の中枢部に潜り込み、彼らの終わりなき戦いに身を費やそうとはしないだろう。なんと馬鹿馬鹿しい。そう、帝国と共和国双方を内部より操り、戦争の流れを変え、緩やかに自らの目的に合う形へと変えていく、それこそが正しい方法だ。

諜報員R-3から、殺害の直前に届いた最後の報告によれば、彼はある著名な帝国の人物からの、共和国大尉への書簡を受け取るところだった。その時点では私はその人物の亡命の可能性について考えたが、今にしてみれば異なる解釈が可能だったと判る。そしてドーリンへの途上にあるマンテリアン大使を追跡中であった、諜報員R-27の船が破壊された件。私の情報回収チームは、攻撃者が帝国のステルス戦闘機であるとする証拠を入手していた。戦闘機ただ一機がこうも共和国領域深くに侵攻するには、何らかの安全保障があったと考えるのが自然の道理だ。

私の推論は未だ証拠を持たない、従ってこの文書を持って、現時点より諸君全ての第一優先事項をレヴァン教団とする。ライアン・ダロック大佐、及びダース・アーカスを最大限注視せよ。ドロムンド・カス潜入中の諜報員は、レヴァン教団のリーダーと目されるタリ・ダークスパナーに関する調査のために共に行動することを許可する。情報収集のみに従事せよ。勧誘活動、その他の行動については私の明確な許可無しでは一切行ってはならない。

もし今起きている真実が私の見る通りであれば、この銀河はまさしく大変革の淵にある。それが予見出来る限り、変革など恐れるに足りない。

命令は以上の通り。実行せよ。


- ことシュラウドに関する限りで言えば、君が彼について見たこと、聞いたこと……あるいは読んだこと全てを信ずるな、というのが第一の基本原則だと思ったけど。こいつは誤魔化しの天才だ。エンペラーズ・ヴォイス始め数多くのダース、独善的なジェダイ・マスター、帝国軍の提督、ドレッド・マスター、さらにはケファスのクローンの片割れを倒した俺が、俺達が、こいつもリストに入れたにも関わらず、見事に逃げられた。

確かにこの文章を見れば、シュラウドはレヴァン教団をライバルと見なしている、少なくとも対応するだけの価値があると思っているように見える。レヴァンが、シュラウドに対して深刻な脅威であるかのように。

だけどもしそれが、シュラウドが君にそう思って欲しいと考えることだとしたら?

彼が本当にやりたいと思っていることを想像させないために、この文書を漏らしたのだとしたら?

シュラウドもレヴァンも恐らく、彼らの目的が誰のために何をしようとしているのか、気が付いていないんだろう。レヴァンは帝国と共和国共に灰と焼き尽くすことで新たな秩序を築き上げようとしているが、彼の計画は銀河系全体に無数の人々の死をもたらそうとしている。

シュラウドは、ただ「彼が何が出来るかを示し邪魔をさせない」という目的のためだけに、巨大な星間宇宙船をコルサント及びカース・シティに落とそうとした。これも大規模な災害と死者をもたらしていただろう。

シュラウドは彼自身が彼の主人だと、あるいは少なくとも彼の技能は市場価格には高すぎて、もはや誰にも雇えないと思わせたがっている。もし彼があのサイバネティック・インプラントに密かに忍び込む命令によって、無意識のうちにそれが彼自身のアイデアだと信じているとしたら?

シュラウドとレヴァン、共に強大な軍事力を持ち、互いに対立する目標を持つように見えるけれど、やり口は一緒だ。彼らの望むことを成し遂げるために、大勢の人々を殺そうとしている。

シス帝国皇帝の究極の目標である全銀河絶滅に、こいつは随分ともってこいの計画だな。

- くそっ……俺はあのマスクの後ろにシュラウドが隠れていると思っていたのに。

-- 少なくともシュラウドは、レヴァン教団の弱点を捜そうとしているね。
怪しいけど、可能性は有る。

-- 初心者からの質問。シュラウドって誰?

--- シュラウドはマクロビノキュラー・ミッションの主役で、LV53くらいで受けられるよ。

- NYのイベントで、開発の一人がシュラウドが近々登場する予定は無いって言ってたけどな。

-- だから、それがシュラウドが思わせたがってることなんだろ。

--- 今俺は「そんな馬鹿なことあるかよ、こいつがドレッド・マスター如きの手下になるのはプライドが許さないだろう」と書こうとした。
それからこう思った、「あるいはそれこそが、シュラウドが俺に思わせたがってることだとしたら…」
シュラウドがネット上のどこにでも居るってのは本当にホントか?ひょっとすると……やつがRedditのモデレーターだったらどうするんだ。(・_・ ) ( ・_・)

posted by Laffy at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | SWTOR

2014年10月22日

[DA:Inquisition]Dragon Age Keepのクローズド・ベータ始まる

去年の9月に500文字でレポートを送っておいたお陰なのか、それとも誰でも良いのか判りませんが、一応クローズド・ベータへのご招待を頂きました。Inquisition本体ではなく、Originまたは/およびDA2からの歴史取り込みを簡単にするため、セーブしたキャラクターのデータを編集するための、Web上のプログラムです。

月曜日の朝にメールが届いて、一日挟んで実際に入れるようになったのは今日水曜日。しかし、既存キャラクターとの……おっと。NDA。

とにかく、そういうプログラムが開始されたと言うことでした。

日本語でプレイするかなあ。いやいや、でもひょっとしてOriginや2のキャラが登場したら、やっぱり英語で聞きたいしなあ。うーん悩む。

今日はSWTORがパッチでお休みなのでKeepをあちこちつついています。いや結構面白いわ。Originsはやってない(そう、やってないの。老後の楽しみ)だけに、あの人があんな事になっていたのか、などと楽しめます。

DA2のキャラクターは……ああ駄目だ何を書いてもNDA。やめときましょう。どうせちゃんと読み込めるようになったら判ることですし。

------

と言いつつ書く。DA2について判ったこと。
Ginnis(ヴァイカウントの息子シェイマスを探しに出た賞金稼ぎの女ボス)を生かす事が出来たのか!えーと多分、強気一辺倒ホーク?

えええ。Kelder(カークウォール判事の息子、エルフ娘大量殺人の犯人)を生かすオプションなんてあったっけ?

Danzig。アンダースクリニックからは反対側に居るテヴィンター奴隷商人のボス。これはまあ判る、探しに行かなければ生きているはず。

Sir Karras。スタークヘイブン逃亡メイジを助け出すミッションで、生かすか殺すか。私のプレイスルーでは全部生かしていたかな?

この辺になると該当クエストを「やらないこと」でしか選択できないオプションが多そうですね。

posted by Laffy at 19:39 | Comment(3) | [DA3]リリース前

2014年10月19日

[SWTOR]試験対策はこれで完璧!Revan登場ミッション総まとめ

--- "With Revan now free, questions remain–both about the possibility of renewed aggression from the Emperor, and what effect such a long exposure to the Sith Emperor’s mind may have had on Revan himself." --- CODEX:Revanより

次の拡張パックで戻ってくる(らしい)Revanについては、あれは偽物だ、いや元々あんなやつだ、完璧に狂気に陥った、皇帝に憑依されたんだ等とフォーラムでは議論が賑やかですが、SWTORの中で彼が登場、あるいは言及されるミッションをまとめてみました。

帝国側ミッション

  • Dromund Kaas のストーリーミッション(Kaas CityのSanor)
    カルト集団Order of Revanに潜入し指導者の素性を暴け。

    -- Who I am is not important, my message is. --
    このミッションの中で、Revaniteのリーダーが
    「真のRevanの姿が男か女かさえ判っていない」と語ります。
  • Nar Shaddaaのストーリーミッション(Upper Industrial Sector)
    ドロイド要塞に潜入し、かつてのDarth Revanの残した奴隷達が守るInfinite Engineを奪取せよ。
    エンジンといっても、むしろ機械化生物に近いようなイメージ。

共和国側ミッション

  • Tarisのサイドミッション"Chasing History"
    -Darth Malekの爆撃で破壊された、Taris地下居住区の記録を追跡。
    Revanが見つけて持って帰ってきた、Rakghoul Virusのワクチンへの言及有り。
  • Corelliaのホロ彫像
    ミッションではありませんが、Axial Parkにエリアにあるそうです。どこかなあ。Revanはマスク付きですね。

フラッシュポイント

  • Boading Party(LV33) -> The Foundry(LV37)(帝国側)
    ファウンドリーに乗り込み、Revanを倒せ。
  • Taral V(LV33) -> Maelstrom Prison(LV37)(共和国側)
    グリー・コンピューターを手にいれ、帝国の長く隠された監獄からRevanを救出せよ。

    時系列的には
    Taral V/Boading Party(同時進行)
    ->Maelstrom Prison
    (共和国がRevanを解放して数年?経過)
    ->The Foundry
    ->Forged Alliance、でしょうね。そうでないとGrand Moff KilranやRevan、プレイヤーが語る台詞の整合性が取れません。
    # EA「せいごーせー?て何だっけ」
  • Korriban Incursion/Assault on Tython
    -> Legacy of Rakata
    -> Manaan Research Facility(いずれもLV55 Tactical)

    ストーリーミッション"Forged Alliance"。
    敵対陣営の聖地を強襲するという野心的な計画の、裏に隠された同盟関係を探る。

    Forged Allianceは以前「偽りの同盟」と訳しましたが、後ろにIronとかBondとか付くと「鍛えられた、鋳造の」という意味もあるようですね。KOTORに基づくなら後者ですが……。

Jedi Knightsのコンパニオン、Lord Scourgeのミッション

  • Revanとの関係やEmperorとの戦闘、彼の予知?幻視?について少しばかり聞けます。

    KOTOR2の伏線をSWTORで回収してるわけですね。300年前に直接Revanと話をした、現時点で生存中の唯一の当事者ですよ。凄いんですよスカージ様。全然活用されてないけど。Jedi Councilホント無能。

-------------------------

関係ないけど面白かったので。

Codex:The Foundry
「長く忘れ去られていた星系にある、巨大な小惑星の内部に造られたこのファウンドリーは、まさしく工学上の奇跡と呼ぶに相応しい。
帝国情報局によって集められた情報によれば、ファウンドリーは少なくとも12層の製造ラインから構成され、各ラインが数千のドロイドを製造可能である。小惑星内部に構築された巨大なハニカム構造は、自動採掘ドロイドが有用な鉱石を掘り尽くした痕跡と見られる。
また帝国開墾局はファウンドリーが牽引ビームのネットワークを用いて付近の小惑星を捕捉し、尽きることのないドロイド製造に必要な原材料を入手していると確信している。
ファウンドリーは現在では記録さえ残っていない異星文明により、少なくとも一万二千年から三千年前に建造されたと推定される。ファウンドリーと、更にこれまで帝国が発見した二つの宇宙基地‐一つはThe Star Forge、別の一つは単独で惑星の異星型改造(Xenoforming)を行う能力を持つ‐をはいずれもこの異星文明の特徴を持ち、それら全てが強大な力を有している。
ファウンドリーの全能力は未知であるが、歴史の教えるところを信ずるなら、この基地は全銀河系に変化をもたらすであろう」

ファウンドリーはRevanが再発見した後帝国が奪取しました。そしてIlumでの戦乱に共和国(および帝国)の目を引きつけている間に、Darth MalgusがAnomidsの技術と組み合わせてステルス艦隊を造り上げたということらしいです。
#55いっぱいいるけど、Ilumストーリーちゃんとやってたの2人しかいなかったよ!ばかばk

posted by Laffy at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SWTOR

[SWTOR]ゲームアップデート.2.10.1c

あら、見逃していました。先週10月7日に入った、ゲームアップデート2.10.1cのパッチノートです。

ハイライト

  • Bounty Contract Weekが始まるよ!14日から21日まで。

General

  • 全ステータス+10データクロンの場所に、ギルド旗艦を通じてギルドメンバーを呼び寄せる機能を使って人を集めることは出来なくなった。
  • Jedi Knightsに送られるメッセージが、死ぬかも知れないキャラクターに言及することは無くなった。
  • CZ-198攻略に関するアチーブメントとタイトルを追加。
  • "Master of the Ancients"のアチーブメントに関して、Legacy of Rakataの達成状況が正しく追跡されるようになった。
  • 乗用動物のRancorが使用中に本来の音声を発するようになった。

Cartel Market

  • 新しいアイテムをコレクションから閲覧可能になった。
  • いくつかの飾り物について、バインド関係の設定を修正。

Flashpoints+Operations

  • Legacy of the Rakataの最後にあるシャトルを使えるように修正。
  • Czerka Corporate Labsの最初のボス(CZ-8X)について、ボスと雑魚のHPとダメージ量を減らした。(ストーリーモード&ハードモード)
    #ようやく修正入りました。
  • Czerka Corporate MeltdownのLarge Power CoresおよびThe VigilantのHPとダメージ量を減らした(ストーリーモード&ハードモード)

Missions and NPCs

  • Makebで"Mauling the Militia(Bonus)",“The Docking Ring (Bonus),” and “The Shaft Inhabitants (Bonus)”の帝国側ミッションが終了可能になった。
  • ミッション"Forged Alliance:PartIII"に対する説明文をより適切な物にした。

--------------

SWTOR小ネタ

  • フラッシュポイントCademimuで倒した敵の数は、コンクエストの「Nah Shaddaaにおけるkill数」に合算される。
posted by Laffy at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | SWTOR

2014年10月07日

[SWTOR]拡張パック:Shadow of Revan

超手抜き更新。

新たなる物語を紡ぐSWTORの拡張パック、"Shadow of Revan"が12月9日に登場!

シス帝国と銀河共和国との続く戦いのただ中に、ジェダイ内乱におけるかつての英雄‐Revan‐に率いられる狂信者集団が現れた。彼ら"Revanites"は、共和国そして帝国を共に灰に帰する破滅的な計画と共に、強大な軍隊で襲いかかる。

  • デジタル拡張パック"Shadow of Revan"を買ってね。
  • レベルキャップが60になるよ。
  • 高レベル向けのフラッシュポイントを4つ、ロール・ニュートラルなフラッシュポイントを2つ、そして計10体のボスが待ち構えるオペレーションを2つ追加するよ。
  • 12月9日リリース、事前購入によるアーリーアクセスは12月2日から。
  • 事前予約した人へのご褒美あり。

Pre-Order

11月2日までに予約

  • アーリーアクセスが12月2日から
  • 期間限定でクラスミッションの経験値が12倍になるよ。さくっとLV上げてね(課金プレイヤー限定)
  • Revanの彫像購入権利付き(後から各陣営艦隊のベンダーで購入)
  • 最初のデジタル拡張パック"Rise of the Hutt Cartel"が付属

11月3日以降のプレオーダー

  • Revanの彫像購入権利付き
  • 最初のデジタル拡張パック"Rise of the Hutt Cartel"が付属

Key features

  • 新なるストーリー、旧共和国時代の最も強力な人物Revanとの対決は、もちろんフルボイスでカットシーン付き。
  • LV上限を60にアップ。新しいスキルと装備も増えるよ。
  • 新しい世界、RishiとYavin 4を探検しよう。
  • 君のキャラクターを新しいDiscipline System(訓練体系?)でカスタマイズしよう。詳しくはブログ参照のこと。
    #スキルツリーに代わり、ロール(タンクかDPSかヒーラーか)に従ってDiscipline(ディシプリン、訓練とか教練とか修養とか)を選ぶのは同じですが、その枠外で欲しいスキルも取れるようなイメージです。これまでのようにみんな同じ最適化ツリーになるとか、スキルのローテーションがlv55になるまで完成しないとか、LV30以下ではろくにタンクらしい働きが出来ないとか、そういう問題を解消するらしいです。ほー。
  • もちろん新しい装備もいろいろ導入。強力な新装備Revaniteシリーズの他、新しい生産レシピや乗用動物、装甲付の乗り物もあるよ!

FAQ

クラス経験値ボーナスは、12月2日(GMT基準)の時点でShadow of Revanをプレオーダーし、かつ課金状態にあるプレイヤーすべてに与えられる。
このボーナスはクラスミッションによる経験値を12倍(正確には12.32倍)とするので、プレイヤーはクラスストーリーを楽しみつつ速やかにLV55に進めるようになる。
レガシーによる経験値ボーナスと、カルテルマーケットで購入できるクラスミッションのボーナスとは重ならないが、ギルド経験値ボーナスおよびGeneral XPボーナスアイテムとは共に使用出来る。
#つまり、12月2日から9日までの1週間だけですね。

修正。既にボーナス期間に入ってました。LV51時点で、1ミッション終了するだけで20万近いExpが貰えますw

posted by Laffy at 18:51 | Comment(4) | SWTOR
Previous Next Close Move